沖縄市にある”はり”と”きゅう”の治療院 〜鍼明笑(しんめいしょう) 〜です。

スマホ・パソコン病

  スマホ・パソコン病近年、スマホやパソコンはなくてはならないもので、仕事やゲーム、メールなどで1日の大半、画面を見つめているのが当たり前になっています。

同じ姿勢でずっと見続けるこのスマホやパソコンが現代人の目、首、腰を酷使し続けていることになっていることに気がついていますか?

筋肉は 表層、中層、深層と3つの層に分かれます。マッサージなどでほぐしてもらい気持ちのいい筋肉は主に表層筋から中層筋です。気持ちが良いので又マッサージを受けたくなるこの筋肉は簡単にほぐすことができます。

しかし、パソコンやスマホを使ってる時の姿勢に使われている筋肉は深層筋なのです。姿勢を保つ為に使われる筋肉です。この深層筋は人の指では届かないところにあるため、マッサージなどではほぐすことは不可能なのです。

この深層筋のコリをほっておくと、視力が落ちる、頭痛がする、めまいや手のしびれ、時に吐き気を起こしたり、寝れない日が続き、ひどくなるとパニック障害になったりするのです。

これらの症状は全て、深層筋に柔軟性がなくなり、血流を阻害し、身体の深部に冷えを作ることになった結果が色々な症状を引き起こしているのです。

当院では、治し家 角谷院長の無痛深層筋鍼法©による『かどや式パソコン療法』をもとにコリは溶かしてなくしていく!をモットーに、マッサージでは治らなかった症状も治していきます。上記の症状以外にも、目の奥が重い感じがする、最近目が乾く、いつも寝た気がしなく身体がダルい、など日頃からスマホやパソコンが手放せない方は是非当院の治療を受けてみてください。気になっていたコリが溶けてなくなっていく感覚がわかります。これまでにない治療だということを実感していただけると思います。

  参考までに、東京西荻窪にある『治し家』を検索してみてください。

お気軽にご相談ください(無料) TEL 098-953-2326 受付時間 8:30 - 18:30

角谷院長・佐藤院長が載ってます

目は劇的によくなる最強辞典当院は眼の病気(緑内障・飛蚊症・黄斑変性・網膜色素変性症・糖尿病性網膜症)とスマホ・パソコン病(首こり・睡眠障害・目の奥が痛い・頭痛・モヤモヤ・イライラ・ドライアイ)に対しての治療を得意にしています。

PAGETOP
Copyright © 鍼明笑(しんめいしょう) All Rights Reserved.